スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハーブ:サラダバーネットと寄せ植え
- 2010/06/30(Wed) -



(本日3記事め 1記事目はバラ 2記事めはラベンダー でした)



種から育てた


サラダバーネット
バラ科 レモコウ属 多年草

Dsc_3132.jpg







丸っこくてギザギザな葉っぱが可愛い

Dsc_3133.jpg


ベジタリアンのハーブと呼ばれている サラダバーネットはビタミンCが豊富です


ティにして、消化促進や利尿にも
浸出液は、肌の炎症を抑える効果などもあるんですよ。


耐寒性もあるハーブです(^-^)










アジサイ
page_20100630163451.jpg













昔はよくしましたが、
LRD、実は、一つの鉢に一つを植えて育てる鉢栽培のほうが どちらかというと好きなのですが


今年は寄せ植え (と言っていいのかは謎ですが) もいくつか作りました

F_20100630163451.jpg

下の2つの鉢は、一回目の花の時期過ぎていますが(^-^;)



寄せ植えも、それ一つで風景が出来るので やっぱり中々いいものですよね。










昨晩、旦那がミスタードーナツを買って来てくれました↓
Dsc_3115_20100630163451.jpg

私、オールドファッション好きなんです(^-^)


ミスド、久々に食べたような気がします。


このドーナツ達、 昨日、今日と 食べて もうないんですよ!
カロリー気をつけなくちゃ!(^-^;)




今日のワンコ記事はココをクリック     花ブログ ハーブ園芸





スポンサーサイト
この記事のURL | ハーブ | CM(3) | ▲ top
ラベンダー:グロッソと白花種
- 2010/06/30(Wed) -


ラベンダー イングリッシュ系は終わりに近づいて来た今日この頃
(アングスティフォリアorコモン)



ラバンジン系は、続々開花中




今回ご紹介は、グロッソ
Lavandula×intermedia 'Grosso'

Dsc_3149.jpg









Dsc_3146.jpg


花茎も長く、大型のラベンダー



暑さのせいか、シャベルを刺すのをスッカリ忘れてしまったのですが、

右下の黄色っぽい線が、大体シャベルの大きさだと思って下さい。









Dsc_3148.jpg












Dsc_3153.jpg


香りも強いほうです









Dsc_3154.jpg

耐暑性の強いはずの種類なのですが、LRDは、夏に何度か枯らした経験があります(^-^;)

この株は、2年目
今年も上手く夏越しが出来るといいのですが
















お次は白花種


白花のラベンダー、種類もスッゴク多いというわけでもなく
特に買った白花の種類は限られていて、大体名前も覚えていたはずですが…



この白いお花のラベンダー

Dsc_3137_20100630161102.jpg

どうしても名前が思い出せません






今日の写真↓何が何だか分らない状態ですが(^-^;)

Dsc_3136.jpg









数日前の写真↓ ちょっと奥ですが、シャベルも刺してあります

Dsc_2861.jpg


大型のラベンダー

なんだったかな~???




花ブログ ハーブ園芸





この記事のURL | ラベンダー | CM(0) | ▲ top
コンパクトでもいっぱいミスアリスとミニバラ
- 2010/06/30(Wed) -


ミス・アリス
Miss Alice  
イングリッシュローズ
四季咲き
強香


missDSC_0162.jpg










missDSC_0135_20100630153205.jpg









missDSC_0251.jpg


樹高がとっても低くコンパクトなミスアリス

今年は、去年ちょっと弱らせてしまった為、3枚目の写真のようにしか咲きませんでしたが





一昨年の写真↓
missa527DSC05415_20081114162350_20100630151719.jpg

コンパクトながら、大きな花を咲かせるミスアリス




開きかけ↓
Dsc_0667_20100630151719.jpg

素敵なんですよね~


お名前も、(不思議の)アリス好きなので 大好きなバラの一つです。














お次は、、名もなきミニバラ


miniDSC_0319.jpg

5月19日頃咲き始め






樹高は50センチくらいかな

miniDSC_1072.jpg









miniDSC_1495.jpg









6/11
miniDSC_2163.jpg


大体この位までが一番花



そして今は、2番花が開花中
ほぼ休むことなく、一ヵ月以上咲いてくれています。



名も無きミニバラですが、
こんなに頑張ってたくさん綺麗に咲かせてくれると、何か名前をあげたくなっちゃいますよね



レッドシャワーなんてどうでしょう?   単純過ぎ?









他のバラ達も、ポツポツ2番花を開花中




中々タイミングが合わず、撮れないバラ達が多いのですが
そんな中でも、タイミングが合い、今日撮れた写真達↓

cats_20100630154223.jpg


大体『えっ!?』ってお姿の子が多いですが(^-^;)

でもやっぱり返り咲くと嬉しいです






花ブログ バラ園芸



















この記事のURL | バラ | CM(0) | ▲ top
モワモワ種のモワモワルピナスとココナッツタルト
- 2010/06/29(Tue) -



(本日2記事目です。さきほどは、バラ記事)






こちらは↓葉っぱがモワモワのルピナスの種

page_20100629155232.jpg

種も もわもわ~




因みに、こちらがモワモワルピナス(正式名称じゃないですよ)の葉↓

Dsc_2579_20100629155232.jpg



花↓

DSC_2575_20100629155232.jpg


モワモワルピナス、スッゴク気に入っちゃったので、種を採取して蒔く予定です(^-^)







全然関係無いですが、この間 ココナッツタルトを作りました↓

Dsc_2955.jpg

もしかしたら、型から上手に外れないかもしれないから(^-^;)型のまま




Dsc_3027.jpg
カスタードと生クリームの2層重ね  カスタードにもココナッツ

カスタードと生クリーム、もっとたくさんのほうが見栄えがするのですが
あんまり入れると太りそうなので控え目です。

少し炒ったココナッツも層に挟みたっぷりですよ(^-^)





今日のワンコ記事はコチラをクリック     花ブログ ガーデニング





この記事のURL | | CM(2) | ▲ top
ジャックカルティエとジュードジオブスキュア
- 2010/06/29(Tue) -




ジャック・カルティエ 
Jacques Cartier
オールドローズ
四季咲き
強香

jackDSC_0834.jpg

オールドローズのとても良い香りがするジャックカルティエ
ボリジと寄り添って







jack.jpg









雨のジャック
jackDSC_1131.jpg








花首が短いのがジャックの特徴ですが、


結構咲いてくれたけど、それでも短くて
みんな葉に隠れるように咲き、注意して見ないと見逃しちゃうようでした

jackDSC_2162.jpg

でも綺麗でしたよ~

ジャックは、特に蕾の頃が大好きです。














ジュード・ジ・オブスキュア
Jude the Obscure
イングリッシュローズ
四季咲き
強香

page_20100629150514.jpg

球形に近い コロ~ンとした ディープカップに
濃厚~~なフルーツ香

LRDたまらなく大好きなバラ






シュートもビュンビュンで、樹高、幅共に大きく育つのも好きな所(^-^)


咲き始めは5/20で この写真は↓6月1日撮影
judeDSC_1313.jpg

支柱など、何も無しで
高さは150㎝超えで、幅もそれ以上

左側の蕾は、今年のベイサルシュートから






jude.jpg










judeDSC_1521.jpg












judeDSC_2283.jpg











6/4
judeDSC_1767.jpg










judeDSC_1697.jpg


雨に弱く、ボールすることがあるので
我が家では雨の当たらない軒下に植えました。

ジュードはこの場所が大好きみたいです(^-^)



数は少なくなりましたが、
殆ど絶えまなく咲いて、今でも2番花が咲いていますよ~




花ブログ バラ園芸






この記事のURL | バラ | CM(0) | ▲ top
クレソンこぼれ種から発芽とアスパラの葉っぱ
- 2010/06/29(Tue) -



種を採るつもりで、種が出来ても プランターに植えっぱなしにしていたクレソン

採取もしないで放置していたら↓


Dsc_2960.jpg

こぼれ種から芽がたくさん出て来ました。


こういうのって凄く嬉しいですよね
それに、手間が省けちゃった~(^m^)ぷぷぷぷ







アスパラの葉っぱ↓

Dsc_2843.jpg

アスパラの葉ってとっても綺麗ですよね~  大好きです。




花ブログ ハーブ園芸



この記事のURL | ハーブ | ▲ top
ヘリオトロープとルッコラの花
- 2010/06/28(Mon) -



左の骨盤の横辺り
お腹がとっても痛いです。


LRDです。




さて、早速ですが いきます





甘~~い香りのヘリオトロープ


Dsc_2875_20100628145151.jpg







Dsc_2998_20100628145150.jpg







Dsc_3000_20100628145150.jpg


ムラサキ科 キダチルリソウ属



夕方に特に甘く香るヘリオトロープ

この名は、太陽へ向かうという意味があるそうですよ。



紫が薄い花のほうが香りが強いのですが
でも、お店に売っているものは、
どれも写真にように濃い色のヘリオトロープばかりですよね

薄い系の何処かに無いかな










ルッコラの花   別名ロケット


Dsc_3001.jpg






Dsc_3002.jpg






Dsc_4242_20100628145149.jpg


種から育てたルッコラです。
種から簡単に育てられますよ。多分何処に蒔いても芽を出すと思います。



ピリっとしたゴマ味のルッコラ   LRD好きなんですよね(^-^)


この葉には、
強壮、胃健、利尿作用などがあるそうです。

ビタミンCも豊富ですよ。






今日のワンコ記事はココをクリック     花ブログ ハーブ園芸














この記事のURL | ハーブ | CM(2) | ▲ top
ヘリテージと不明のバラ
- 2010/06/28(Mon) -


我が家で一番初めに買ったコレッタと一緒に買った


ヘリテージ
Heritage
イングリッシュロースズ
四季咲き

page_20100628142647.jpg

株も5,6年目に入り、高さ横幅共に大柄育ちましたが、

昨年ヘリテージの株元にテッポウムシか何かの仕業か
大きな穴が開いてしまい

今年は花の咲が例年よりションボリでした。


ションボリでも、この花の姿は、何度見ても素敵(^-^)











こちらは、名前不明のバラ↓

fumeiDSC_1836.jpg


フロリバンダの何かだと思うのですが




fumeiDSC_1745.jpg







fumeiDSC_1838.jpg



香りは強香

株は中程度の大きさ

サーモンピンクからピンクへと退色



花ブログ バラ園芸









この記事のURL | バラ | CM(0) | ▲ top
豪快ラバンジン:インターメディア
- 2010/06/26(Sat) -


(本日3記事目 1記事め バラ記事  2記事め ハーブ記事 でした)




ラベンダー ラバンジン系もボチボチ咲き始めました♪


ラバンジン系の インターメディア

Dsc_2967a.jpg







一応シャベルを刺してみたのですが、何処にシャベルがあるか分りますか?↓

Dsc_2833.jpg

3株ほど植えてあります。







横から ↓ シャベルの位置に黄色線

Dsc_2834.jpg












Dsc_2968.jpg











Dsc_2836.jpg










Dsc_2969.jpg












地面に到達してしまっている 花を摘み取りました↓

Dsc_3009.jpg







Dsc_3010.jpg







刈り取り後↓

Dsc_3011.jpg


見た目、あまり変わってないですよね


まだまだ長く楽しめそうです。



刈り取った蕾は、ドライにして保存します。




今日のワンコ記事はコチラをクリック



花ブログ ハーブ園芸







この記事のURL | ラベンダー | CM(0) | ▲ top
フェンネルとデイル
- 2010/06/26(Sat) -


(本日2記事目です)



今回ハーブ記事は、フェンネルとデイル



まずはフェンネル (スイートフェンネル)

fe.jpg

セリ科 ウイキョウ属  2年~多年草


葉を 肉や魚料理、サラダやスープに


フェンネルはダイエット効果があるハーブなんですよ!
他、駆風、利尿作用等も



コリアンダー、デイルとは交雑し、豆類やトマトの成長を妨げるようです



でも、この交雑ってどの程度離せばいいんでしょうね
花粉が飛ばない程度?  結構飛びそうですよね


我が家では、コリアンダー、デイルが約2mの距離に
トマトが1m強超えの所に植えてあります。


フェンネルの花は殆ど咲かせていませんが、
コリアンダーとデイルの種は採取し、種を蒔く予定なので
結果はまた後にご報告致しますね。





フェンネルの花↓
cats_20100626141056.jpg








フェンネルには、シルバーフェンネルも↓
Dsc_2844_20100626142212.jpg

(今年はちょっと成長が悪いです)


フェンネルには、茎を食べる フローレンスフェンネルもあります。














デイル

Dsc_4250.jpg

5月の写真で、まだ成長途中  1m50cmくらいの大きさになりました。

Dsc_4251.jpg

セリ科 イノンド属 一年草



デイルとフェンネルって とても良く似ていますよね

デイルのほうが緑が濃く、葉の感じもフェンネルより太いです。



デイルは主に魚料理に使用  サラダにもスープにもいいですよね。



駆風、利尿作用があり
種には、食欲増進、消化促進の効果があるようです。





デイルの花↓
Dsc_2847.jpg



Dsc_2848.jpg

花もフェンネルと とっても良く似ています。




デイルもフェンネルも、ほわ もわ っとしていて 大きくなるし
ガーデンを彩る 大好きなハーブです。




花ブログ ハーブ園芸




この記事のURL | ハーブ | CM(0) | ▲ top
グロワールドディジョンとハンブルガーフェニックス
- 2010/06/26(Sat) -



グロワール・ド・ディジョン 
Gloire de Dijon
クライミング(T)
四季咲き
強香

gloDSC_0589_20100626132818.jpg

このクシュっとして思わず触りたくなるような柔らかいお姿  大好き






g_20100626132736.jpg

グロワールは、雨に弱く大きく大きくなる種類
早く庭に定植したいのですが、中々植え場所が決まりませ~ん












ハンブルガーフェニックス
Hamburger Phoenix
クライミング
四季咲き
中香

hambDSC_0461.jpg






hambDSC_1511.jpg






hambDSC_1840.jpg





hambDSC_1932.jpg


一重のバラですが、ボールのように房に咲くので中々見ごたえがあります





6月25日撮影↓
Dsc_2990.jpg

2番花です。








他、25日撮影の2番花達↓

cats_20100626134446.jpg




花ブログ バラ園芸



この記事のURL | バラ | CM(0) | ▲ top
タイム:ロングウッドとシルバーとゴールデン
- 2010/06/25(Fri) -


(本日2記事目 1記事目はバラ記事でした)



約一週間前に、レモンタイムとクリーピングタイムをご紹介しましたが、

今回もタイムを3種ご紹介





初めは、ロングウッド

Dsc_2798.jpg

もわもわと毛羽立った面白いタイム  匍匐性

毛羽立ち系の植物って、結構蒸れて枯れたりしますが ロングウッドはそんな事はなく丈夫なタイムです。

冬にも強いみたいで、冬も緑の葉を枯らしません。(成長は止まります)
植えて3年目になります。




お花はこんなお花が咲きますよ↓
Dsc_2797.jpg












お次はシルバータイム

Dsc_2799.jpg

この子も丈夫で、しかも結構大きくなります。
色んなタイム同様株分けも簡単


いっぱい増やしたのですが、
同じ年の冬越しに失敗し、今はこの子と他の二つだけになってしまいました。


斑入りのシルバーの葉がとっても綺麗なタイム。大好きなタイムです。










最後は、ゴールデン?タイム
(名前忘れ(^-^;)ゴールデンレモンかゴールデンクイーンかどちらかのはずです)

Dsc_2801.jpg

こちらは、緑の葉に黄金の斑が入るタイプ
香りはレモンの香り

こちらも綺麗なのですが、今年は斑の消えた緑だけの葉もいくつか出て来ました。(写真右側)



花ブログ ハーブ園芸




この記事のURL | ハーブ | CM(0) | ▲ top
バラ:ガーードルードジェキルとゲルベ・ダグマー・ハストラップ
- 2010/06/25(Fri) -


ガードルードジェキル
Gertrude Jekyll 
イングリッシュローズ
返り咲き(少ない)
強香

gardDSC_0689_20100625012043.jpg





gard.jpg


鮮やかなピンクに、オールドローズの強香


我が家のジェキルさんは黒点病にとっても弱く
気が付くと丸坊主  なんて事もよくあるんですよね(^-^;)

その為、秋に返り咲いた姿を見ると、嬉しさは100倍


『今年は上手に育てよう』
と、思っていましたが、今年も既に葉を落とし始めてしまいました…










ゲルベ・ダグマー・ハストラップ
Gelbe Dagmar Hastrup

ge.jpg

この子は2代目
1代目は、新苗で購入しましたが、ディアに接ぎ木の部分からポッキリ折られちゃって

ショックを受けていた所、ある日旦那がこのバラの大苗を見つけて来て 
サプライズに買って来てくれました。(^0^)



このバラは、ルゴサ系のバラですので、
ルゴサ特有の、大小密集した棘がたくさんあります


黄色のバラですが、優しい黄色なので、他の植物とも合わせやすいですよ
濃い紫のクレマチス“ジャックマニー”とも良く合いました。




この記事のURL | バラ | CM(0) | ▲ top
サザンウッドとレモンバーム アナベルも
- 2010/06/24(Thu) -


(本日3記事目 1記事めはラベンダー 2記事めは バラ 記事でした)



3記事めは まずはハーブ 



サザンウッド
Dsc_2293.jpg

キク科 ヨモギ属 多年草 

サザンウッドって、本当はもっとシルバー色になるのですが
今年はずっと爽やかな緑色です。




Dsc_2292.jpg

大きく大きくなって、横幅は軽く1mはあります。 


サザンウッドは耐寒性もある多年草なのですが、
たまに冬に枯れる事があります… 

因みに、この株は2,3年め 
(↑正確じゃなくてごめんなさい。昔から育てているので記憶が曖昧になっちゃいました)



サザンウッドは忌避植物
バラや果樹の害虫を遠ざけ、キャベツやニンジンの病気を守ると言われています。
※追伸です
サザンウッドは、特に蚊を遠ざける効果があります(ハエも)
でもやっぱり完全にはいなくならないですよね。こちらもあんまり実感したことはないです(^-^;)


我が家でも、バラの近くに植えていますが…
効果はどうなのかな? 
近くのバラに、イモムシ類は見当たりませんが、アブラムシはつきました。








こちらはレモンバーム
Dsc_2225_20100624145433.jpg

シソ科 セイヨウハッカ属


名前の通り、レモンの香りがするハーブ
レモンの香りがする植物って私大好きなんですよね~


この他にレモンの香りがするハーブは、
レモンバーベナやアジア料理に欠かせないレモングラスなどがあります。


共に好きなのですが、両方共耐寒性が無く、冬は室内で育てないといけないので
今はあまり育てなくなっちゃいました。

特にレモンバーベナは一番好きなのですが、耐寒性がとても弱くアブラムシが凄くつくので
本当に育て無くなっちゃいました。



レモンバームは
消化促進、発刊、鎮静作用などの効果があります。











今日のワンコ記事はココをクリック




花ブログ ハーブ園芸





この記事のURL | ハーブ | CM(3) | ▲ top
バラ2番花とフンショウロウ
- 2010/06/24(Thu) -


(本日2記事目になります。)



初めてラレーヌビクトリアに2番花が咲きました!

Dsc_2823.jpg

また出会えるのは来年かな~?と思っていたので、かなり嬉しい

まだ2、3個ほど蕾が待機してるんですよ~






その他のバラ2番花 第二弾!!


アンジェラ
Dsc_2849.jpg





シャンパンカクテル
Dsc_2862.jpg


あら?バラの香りが何処から? と辺りを見回したらこの子でした。





チョコフィオーレ
Dsc_2882.jpg










こちらは↓ 今までにupしていなかったバラの続きです。


粉粧楼
Fen Zhuang Lou
オールドローズ
四季咲き
強香

funDSC_1946.jpg

このお顔は、6月に返り咲いた2番花のお顔

中心にピンクを乗せて、ふわっとしたお姿 うっとりしちゃうわ~






こちらは5月の1番花↓
fun.jpg

真っ白なお顔で咲きました。 ふわっとは健在



このフンショウロウって雨にとっても弱いんですよね
1番花の時期は、5月 あの雨の中

その為、殆ど咲かないでボールしちゃいました。


それに、今年の5月って日照りが少無かった為か うどん粉病にもなっちゃいました。

我が家は幸いうどん粉病ってどのバラも一度もならなかったんですよ。


今年はバラとっては残念な天候でしたよね。




花ブログ バラ園芸




この記事のURL | バラ | CM(1) | ▲ top
思い頭のアナベル
- 2010/06/24(Thu) -



紫陽花のアナベル↓ 挿し木からのアジサイなんですよ
Dsc_2791_20100624151205.jpg

6月22日撮影






翌日雨が強く降り↓6月23日
Dsc_2827_20100624151205.jpg
重みでみんなおじぎをしちゃいました








6月24日↓
Dsc_2961.jpg
頭をもたげ、復活してきました。




やっぱり日本の植物は日本の気候に強いですよね(^-^)



今日のワンコ記事はココをクリック




花ブログ ハーブ園芸





この記事のURL | | ▲ top
ラベンダー:花うさぎとイエローリボンとライムグリーン
- 2010/06/24(Thu) -


前回の記事に引き続き、今回も ストエカス系 シフォンシリーズをご紹介




花うさぎ
Lavanddula stoechas CHIFFON Hanausagi

Dsc_2723.jpg

ちょこんと出た白い苞葉が可愛らしいラベンダー(^-^)


リトルピンクと同じく、2010年の新作です。



シフォンシリーズは、繰り返し咲くのが特徴でしょうか
こちらの花うさぎも、切り戻し後直ぐに、次の花が咲き始めました。





Dsc_2725.jpg

大きさは中程度









そしてこちらは↓シフォンシリーズでは無いですが、
5月に写真を撮ったままupをする機会が無かったストエカス系の2種


イエローリボン
Dsc_1071.jpg

黄色の苞葉がラベンダーの中では珍しく、明るく楽しい雰囲気のラベンダー







こちらもイエロー系のライムグリーン

Dsc_2506.jpg

お花が終わりかけのお写真ですみません。

この二つ、良く似ていますよね。






ラベンダーは切り戻しがとっても大事
Dsc_1705_6_3.jpg
6月3日に切り戻したマーシュウッドです

結構面倒くさい作業なんですよね(^-^;)


ラベンダー園のラベンダー摘みって 利に適っているな~っていつも思います。



花ブログ ハーブ園芸














この記事のURL | ラベンダー | CM(0) | ▲ top
ラベンダー:リトルピンクとエンジェル
- 2010/06/23(Wed) -


(本日3記事目!1記事目バラ記事2記事目はハーブパセリでした)



もう何月頃からだったでしょうか

バラが咲く前から、繰り返し繰り返し 『まだ咲くの?』と
ビックリ嬉しい頑張りを見せてくれる


ラベンダー ストエカス系の

リトルピンク
Lavanddula stoechas CHIFFON little pink

Dsc_2501.jpg

シフォンシリーズの2010年の新作


このリトルピンク、
切り戻しては咲きを最低3回くらいは繰り返し、今も綺麗に花を咲かせてくれています。




リトルピンクは、そのお名前 “リトル” がピッタリなラベンダーで
花茎、花穂、共に とってもコンパクトなラベンダー


Dsc_2727.jpg

大きさが分るように刺したシャベルの両隣がリトルピンクです。

笑っちゃうくらいコンパクトなラベンダーですよね~


初め花が咲いた時は、「えっ!?生育不良?」と思っちゃいました
でも、何度咲いてもこんな感じなので、この大きさが普通の大きさみたいです。




little.jpg

繰り返し何度も咲く可愛いリトルピンク
その健気な丈夫さに、LRDお気に入りの一つになりました(^-^*)









そして、お次もストエカス系



エンジェル
Lavanddula stoechas 'Angel'

angel.jpg

白の苞葉が天使の翼のようなラベンダー

紫の花の部分が、こんなに隙間がある感じではなく
もっと密に咲くはずなのですが、

切り戻して咲いたお花もこんな感じ
お花がもっと咲けば、もっと可愛らしいんですけどね~





今日のワンコ記事はココをクリック



花ブログ ハーブ園芸






この記事のURL | ラベンダー | ▲ top
イタリアンパセリとパセリ
- 2010/06/23(Wed) -


本日2記事目です。


さて、

こちら↓巷でも超有名なイタリアンパセリー (二つ植わっています)

Dsc_2232.jpg

セリ科 オランダゼリ属 2年草


スープやサラダ、肉料理、色んな料理に使えるイタリアンパセリ  
これは有名ですが


その他にも、イタリアンパセリが染料にもなるって知っていましたか?

アルミ媒染めで黄色に、銅媒染で緑色に染められるそうです。ちょっとビックリですね。



共生では、
トマトとアスパラガス、パセリ の相性が良く“ハッピートリオ”と言われています。
混植すると、ニンジンや玉ねぎの根を害虫から守るそうですよ。









そして、こちらは普通のパセリ

Dsc_2233.jpg

セリ科 オランダゼリ属


縮れた葉っぱが特徴の、お馴染みのパセリ!
見た目、こちらのほうが味が濃そうなのですが、イタリアンパセリのほうが味が濃いです。



この苗を植えたのは、確か今年の3月頃
時期がまぁまぁ早かったので、今年は芋虫の被害はありませんでしたが、

このパセリ、イモムシが大好きなんですよね!
青虫の時期になると、あっという間に丸坊主になってしまう事がよくあります。

こんな苦味のある葉っぱ、美味しいんでしょうかね~?



そして、ちょっと写真のパセリは成長し過ぎなのですが、
成長の度に葉をカットしていれば、長い期間収穫する事も出来ます

水で洗ったパセリを、そのまま冷凍保存することも出来るんですよ(^-^)




花ブログ ハーブ園芸


この記事のURL | ハーブ | ▲ top
ロサカニナとフォールスタッフとフランソワジュランビル
- 2010/06/23(Wed) -



奥のほうで、エゴの木と同じくらいの大きさになっている


ロサカニナ
Rosa canina
原種
一季咲き
微香

dog.jpg

開花期は、5月中旬

エゴの木の開花とちょうど重なり、エゴの木に寄りかかりながらコラボ


一重の花は、殆ど白ですが、う~~~~っすらピンク色をした可愛い白い花
ヨーロッパに自生する原種なんですよ。


花の後は、ローズヒップで有名な、あの赤く酸っぱい実をつけます。


別名はドッグローズ


枝は散会し、旺盛に育ち  
棘が大きく多く、近くに行く時は注意が必要

我が家で1、2を争う棘の激しいバラです。








フォールスタッフ
Falstaff
イングリッシュローズ
繰り返し咲き
強香

FalDSC_1276.jpg

ぎゅぎゅっと詰まったディープカップ咲き



フォールスタッフの魅力は何と言ってもこの花色!

深いクリムソンレッド色は、大人で落ち着いたシックな雰囲気

いつまでも眺めていたい花色だわ~


枝は直立性です。







フランソワ・ジュランビル
Francois Juranville
クライミングローズ
一季咲き
中香

flanDSC_1516.jpg

このバラは、フラをかけて、我が家のボクちゃんフラッフィのバラとして購入したバラ


この花の雰囲気もフラちゃんに似ているんですよね~(*^-^*)大好き



flan.jpg

香りも甘い香りで中々いい香りですよ


枝はしなやかでどちらかと言うと、匍匐性






この記事のURL | バラ | CM(0) | ▲ top
綺麗なチャービル
- 2010/06/22(Tue) -


本日2記事め


さきほどは、バラ記事 香りのバラ比較記事でした。




2記事目は、ハーブのチャービル


Dsc_2586.jpg

セリ科 シャク属 一年草






種から育てたチャービル
栄養が足りなかったかな? 高さも幅も30cm以内でちょっとコンパクトに育ちました。

Dsc_2586.jpg

でも10個以上 いっぱい植えてあるので、大丈夫(^-^)






チャービルの葉

Dsc_2587.jpg

ギザギザと切れ込みの入る 綺麗なグリーン色の葉 綺麗ですよね~


最近お店に行くと、お料理の飾りやデザートの飾りによく使われていますよね





チャービルの葉は、
肉、魚、卵、サラダにスープと、色んな場面で利用可能


血液を綺麗にしたり、消化、発刊促進作用 なんかがあったりするんですよ。
葉の浸出液はお肌の浄化にも



共生では、
ラディッシュを元気にし、レタスの防虫になります。







チャービルの花↓
t_20100622155641.jpg

細か~い 質素な花~~

成長してきたな~と思ったら、直ぐに花が付きました。
まだ殆ど利用してないのになぁ


本日切り戻しをしてみる予定です。



今日のワンコ記事はココをクリック




花ブログ ハーブ園芸






この記事のURL | ハーブ | CM(0) | ▲ top
ロサダマスケナと香料のバラ3種比較
- 2010/06/22(Tue) -


今回バラ記事は、香りのバラをご紹介


ロサ・ダマスケナ
Rosa damascena
species
一季咲き
強香

damask.jpg



香りはダマスクの濃厚な強香
古来より香料用に栽培されている品種なんですよ


あ~良い香り~
花弁は食用出来ます♪ ティやジャムにしたり~色々





damaskDSC_1458.jpg


一代目はワンさん達に枯らされちゃったので、この子は2代目です。
2~5輪の房咲に咲きます。


房は順番に開いていき、5月23日に咲来始め 6月の前半まで咲いていました。









今回は、我が家にある香料種を3種比較してみますね

cats_20100622145144.jpg

どのお顔も3種とも良く似ていますよね!



ダマスケナは原種  
カザンリクとローズドゥメはオールドローズです。



カザンリクもローズドゥメもブルガリアなどで香料にされている種類




カザンリクは細かい棘がいっぱい
ここ数年殆ど花を咲かせません…

肥料をやり過ぎると花付きが悪くなるそうなであまりやっていないのですが…
今年来年は全くやらないことにします。



ローズドゥメはカザンリクほど棘はなく、やや棘は少なめ
花付きも成長も旺盛で満点なバラです。









最後に、今咲いている 2番花を一部ご紹介です。

2_20100622154447.jpg

エバーゴールド、ルージュロワイヤル、ピエールドロンサール、プリンセスドゥモナコ、アンティークレース




花ブログ バラ園芸









この記事のURL | バラ | CM(1) | ▲ top
ヘルムートコールローズ
- 2010/06/21(Mon) -


去年の夏頃買ったので、春に咲くのは今年が初

遅咲きのバラと言えば、我が家ではブルームーンが一番最後に咲くバラでたが

今年は更に遅い 超超遅咲きのバラが!



旧西ドイツの政治家
ヘルムート・ヨーゼフ・ミヒャエル・コールHelmut Josef Michael Kohlに捧げられたバラ


我が家では、coleちゃんのバラとして購入した



ヘルムート・コール・ローズ
Helmut Kohl Rose
Dsc_2783_20100621144540.jpg
ハイブリットティ


本日撮影
これが一番花なんですよ


くるくる~巻き巻き~のところが、確かにキャベツを連想!(* ̄m ̄) ププッ



Dsc_2784_20100621144540.jpg

これで香りが強ければいいんですけどね~ 香りは微香であまり香りません。

今年は庭に定植予定☆




今日のワンコ記事はココをクリック




花ブログ






この記事のURL | バラ | CM(4) | ▲ top
ローストチキン
- 2010/06/21(Mon) -



スーパーに生の丸鶏が売っていたので、思わず買っちゃいました



そして、ロースチキン

Dsc_2761.jpg
ローストチキンってスッゴク色々な作り方があるんですよね

そこで今回はオリジナルに


ニンニク、玉ねぎ+赤玉ねぎ適当に切り
バターとセージとこちらは市販のコリアンダーパウダー
塩コショウを強めにオリーブオイルもかけて

そ~んな感じで作りました。


美味しかったですけど(^-^)やっぱり鶏肉にはタイムかな?
野菜もニンジンとかセロリとか詰めてもまたいいですよね~
フルーツなんかも合います



それにしても大きな丸鶏!
2、3日は余裕で食べられそうです。



この記事のURL | ハーブ利用 | ▲ top
ラベンダー☆おかむらさき
- 2010/06/21(Mon) -


今回ご紹介のラベンダーは


おかむらさき
Lavandula angustifolia 'okamurasaki'

Dsc_2646.jpg

こちらも大大大好きなラベンダーなんですよね~


ラベンダーらしいラベンダー この濃い紫のお花も大好きです。
香りもラベンダーらしい良い香りなんですよ。






おかむらさきは、2年くらい続けて育てられた時もありましたが

北海道の品種のおかむらさき 耐暑性が強くないので、夏越しがやや難しいです。
Dsc_2694.jpg

こちらは確か、今年の3月頃買った株 (もしくわ去年の遅い秋ですが、それにしては株が小さい)

オカムラサキは、花茎とても長く 花穂も大きめのラベンダー
高さはこれくらいから、あと少し大きくなりますが、株はこの2倍か3倍くらいの大きさに直ぐなりますよ。



Dsc_2696.jpg






この記事のURL | ラベンダー | ▲ top
肥料の違いビックリ比較
- 2010/06/21(Mon) -


こちらは↓
もう西洋オダマキの時期は先月の間に過ぎてしまいましたが

こちらのオダマキの写真をちょっと見比べてみて下さい↓

Dsc_1087.jpg







Dsc_1095.jpg

こちらは同じ種類 同じ種から育てた西洋オダマキ

でも、花の数や株の大きさが、ビックリするくらい違いますよね!


この違いはなんで? → それは → 肥料の違い

●小さいほうは無肥料で  

●大きいほうは
バラの直ぐ近くに植えてあった為、バラの肥料を吸収してこんなに大株になりました



植物を育てる際、肥料が大切なのは 勿論なのですが

こんな風に実際に目で見て経験すると、こ~んなに違うんだな~って改めて肥料の大切を感じますよね







この記事のURL | | ▲ top
可愛い綺麗なブルー☆アルカネット
- 2010/06/21(Mon) -


こちら↓今年仲間入りなので、まだまだ小さい苗ですが

Dsc_2775.jpg

アルカネット
ムラサキ科 アルカンナ属 多年草ハーブ


綺麗な水色は、中々存在感があって爽やかに綺麗(^-^)
5月(4月も咲いてたかな?)から繰り返し咲いています。



アルカネットは、昔は染料などに使われていたそうです。
女性の化粧、赤やピンク色に染めたりもしたそうです。


※アルカンナ属には、毒性があるものもあるので食用には使えません







この記事のURL | ハーブ | ▲ top
ダブルフラワーのフィーバーフュー?タイム2種とワイルドストロベリー
- 2010/06/19(Sat) -

本日も3記事目になってしまいましたーー


1記事目バラ、2記事目ラベンダーになっています。




それでは、早速ですがブログ記事にうつりたいと思います。



このお花↓
fever.jpg

全くもって買った覚えは無いんだけどー   早春に違うお花で買った覚えがあるんだけど…

あなた誰?


でもこのお姿は、本などで見た見覚えがあります。
あなたって、もしかして フィーバーフューのダブルフラワー


うん、葉はフィーバーフューだし、高い確率でそのような気がするわ!

でも、それで買ったわけでは無いはずなので、確信は持てないけれど
でも、そうだったらスッゴクラッキーー  売ってるの中々見ないもの 





因みに、こちらが↓普通のフィーバーフュー
f_20100619161615.jpg

ダブルを見ちゃうと、普通のはスッゴク質素ですよね。


フィーバーフューは片頭痛を解消する効果なんかがあるんですよ。
でもムシャムシャ食べないで下さいね!

口の中で噛んで、ペッと出すだけでOKです。









今では10種類くらいある我が家のタイム

その中でも丈夫でよく増えるレモンタイム↓

Dsc_2648.jpg

私はお料理にも良く使っています。

レモンの香りがする、とっても良い香りのタイムなんですよ。



Dsc_2647.jpg





PS.
下の写真↓掲載場所を間違えました。 こちらの写真は、お次に紹介するクリーピングタイムです。
Dsc_2738.jpg

葉の色が、レモンタイムのほうが濃く、クリーピングのほうが少し黄緑です。
草丈もこちらのほうが低いのが分りますか?
次に、クリーピングタイムも少し紹介しているので、良かったらスクロールして見てみて下さい。




レモンタイムもすっごい増えるので、株分けして色んな所で増やしています。








写真だと、一見全く同じに見えますが、こちらはクリーピングタイム↓(白花)

Dsc_2740.jpg


Dsc_2742.jpg

レモンタイムより草丈低く、匍匐性
こちらも丈夫なタイムとして有名ですが、私はレモンタイムのほうがもっと丈夫なように感じます。


クリーピングタイムの香りは普通のコモンタイムと同じような香り
しかし、このクリーピングタイムは、普通はあまり食用に使わない種類もあるそうので、私はお料理には使ってません








何ヶ月繰り返し実を付けているだろう、ワイルドストロベリー↓

Dsc_2730_20100619164229.jpg

ずっと放置されていて、アブラムシにやられていたのですが
ホースの水を勢いよくかけアブラムシを撃退したら(^0^)大きな実をつけました。






この記事のURL | ハーブ | CM(2) | ▲ top
ラベンダー:ビーチウッドブルーとロイヤルパープル
- 2010/06/19(Sat) -

本日も2記事めー!

1記事めはバラ記事でした。 2記事目はラベンダー





ビーチウッドブルー
Lavandula angustifolia 'Beechwood Blue'

Dsc_2703.jpg

濃いめの蕾でちょっと濃いめのお花







株はややコンパクト↓
Dsc_2720_20100619152527.jpg







ミツバチさんは、ビーチウッドブルーのラベンダーが大好きみたいで、
昨日も今日もこの蜜を集めに来ていました↓甘い蜜なのかな~?
Dsc_2722.jpg



現実だったのか寝ている時の夢なのか…
ミツバチが、ややたくさん飛んでいる映像が、朝から私の頭の中に映し出されています。



ビーチウッドブルーの香りは、やや強め。ラベンダーの良い香りがします。(主観です)











ロイヤルパープル
Lavandula angustifolia 'Royal Purple'
Dsc_2748.jpg
やや薄めの上品な紫色






後ろのラベンダーと分りづらいので、白丸で全体を囲ってみました↓
Dsc_2747.jpg
やや大型のラベンダーで、花茎花穂共に長めです。



香りも上品なラベンダーの香り (主観です) 

イギリスでは、香料にされているラベンダーらしいですよ。















この記事のURL | ラベンダー | CM(0) | ▲ top
バラ:シャポードナポレオンとチョコフィオーレ
- 2010/06/19(Sat) -


シャポードナポレオン
Chapeau de Napoleon
オールドローズ
一季咲き
強香

cha.jpg

(一部汚い蕾の写真でごめんなさい)


モスローズのシャポードナポレオンの特徴は、なんと言ってもこのギザギザなガク片
ギザギザと言っても、見た目にも柔らか~い雰囲気


ナポレオンの帽子に似ているこのガク片が名前の由来なのですが  


このガク片、当たり前って言えば当たり前ですが
花が開いても、ギザギザは健在

開花時は、花も花の裏側も美しいんです



私はなんて言っても蕾の頃が大好き♪蕾の頃から楽しく美しくいナポレオンなのです(^-^)



お花の咲きは、去年の春頃に買って、今年初の開花なので正確な情報ではないかもしれませんが


数的にはたくさん咲きましたが、こことここが咲いたら、あっちが咲いて
という具合の咲き方だったので、樹全体がぶわっと咲いた~って感じではなく
少しずつ咲いて、長く開花期があった感じでした。


枝は細めでしなやか
つる仕立てにしても美しいバラでしょうね~









お次のバラは、ミニバラの


チョコフィオーレ
Choco Fiore
ミニチュア系パティオローズ
四季咲き
微香

choco.jpg

チョコフィオーレとは、「チョコレートの花」という意味が込められた名前だそうです。


お花の色は、甘~いスウィート系のチョコを連想させるチョコレート色


何回か前にご紹介した“アルデバラン”に、よく似たバラ
植えた場所をうっかり忘れると、どっちがどっちか よ~く見て考えないと分らなくなったりします



チョコフィオーレは、
濃いオレンジ茶色のようなお花から、結構直ぐにピンク色に退色して
剣弁平咲きのお花は、ペターっと全開に開ききってしまいます。




この記事のURL | バラ | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。