2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
イタリアンパセリとパセリ
- 2010/06/23(Wed) -


本日2記事目です。


さて、

こちら↓巷でも超有名なイタリアンパセリー (二つ植わっています)

Dsc_2232.jpg

セリ科 オランダゼリ属 2年草


スープやサラダ、肉料理、色んな料理に使えるイタリアンパセリ  
これは有名ですが


その他にも、イタリアンパセリが染料にもなるって知っていましたか?

アルミ媒染めで黄色に、銅媒染で緑色に染められるそうです。ちょっとビックリですね。



共生では、
トマトとアスパラガス、パセリ の相性が良く“ハッピートリオ”と言われています。
混植すると、ニンジンや玉ねぎの根を害虫から守るそうですよ。









そして、こちらは普通のパセリ

Dsc_2233.jpg

セリ科 オランダゼリ属


縮れた葉っぱが特徴の、お馴染みのパセリ!
見た目、こちらのほうが味が濃そうなのですが、イタリアンパセリのほうが味が濃いです。



この苗を植えたのは、確か今年の3月頃
時期がまぁまぁ早かったので、今年は芋虫の被害はありませんでしたが、

このパセリ、イモムシが大好きなんですよね!
青虫の時期になると、あっという間に丸坊主になってしまう事がよくあります。

こんな苦味のある葉っぱ、美味しいんでしょうかね~?



そして、ちょっと写真のパセリは成長し過ぎなのですが、
成長の度に葉をカットしていれば、長い期間収穫する事も出来ます

水で洗ったパセリを、そのまま冷凍保存することも出来るんですよ(^-^)




花ブログ ハーブ園芸


スポンサーサイト
この記事のURL | ハーブ | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。